筋トレの雑学みたいなものは気になるワードを調べて紹介します。

筋肉トレの雑学や豆知識を紹介します。

マジで痩せた女の子のダイエットランキング


HOME



胸ピクのコツ


たくましい胸板を持っている方の中には、胸をピクピクと動かすことが出来る人たちがいますが、あの胸ピクの動作というのはどうしたらできるようになるのでしょうか?胸をピクピクと動かすのは大胸筋という筋肉を動かしているものになります。まずはしっかりと大胸筋を鍛えて胸ピクをしたときにダイナミックに動かすことが出来る土台を作ることが必要です。実はこの大胸筋をしっかりと鍛えることは、大胸筋を動かすための脳や神経を活性化させることができます。



そのため、大胸筋を動かしたいという意思を脳や神経が受け取って実際に大胸筋を動かすという動作につながりやすくなってきます。実は胸ピクをするためには、そもそもしっかりと大胸筋を意識したトレーニングを積み重ねるということが、最も胸ピクができるようになる近道にもなっているということになります。大胸筋を意識したトレーニングを行う時には、できるだけ大胸筋にピンポイントで刺激を与えることが出来るトレーニングを積み重ねることがお勧めです。意識をし安くなり、大胸筋につながる脳や神経が活性化するためです。

日本人は胸板が薄いって本当?


諸外国の人に比べると、日本人はもともとどんなにトレーニングを行ったとしても胸板を厚くすることが難しく、胸板が薄い人種と言われています。では、どうして日本人は胸板が薄いのでしょうか?もともとアジア系の人種と欧米の人種では骨格などの作りが異なっています。


欧米人の場合には、肩回りが開き気味なのに対して、アジア系の人種は肩が内側に入りやすくどちらかといえば猫背気味になる人が多くいます。猫背気味なることで呼吸をするときに胸周りの筋肉を大きく使う必要がなく、自然と胸周りの筋肉は育ちにくくなってしまいます。ですが、欧米の人種の場合には、肩が外側に広がっていますので、呼吸をするときにしっかりと胸周りの筋肉を使って行う必要が出てきますので、自然と胸周りの筋肉が発達し、暑い胸板を作っていくことが出来ます。

日本人は猫背気味の人が多いのでどうしても骨格的にも胸板が薄くなりやすい状態にあります。厚い胸板を目指すためには、まず猫背をやめ、肩をしっかりと外側に開き、呼吸をするときに胸周りの筋肉をしっかりと使うようにしていくことが必要です。

筋肉もりもり体操とは


筋肉もりもり体操は子どもたちの間ではやっている体操の一つで、ケロポンズという子供向けの音楽や体操を作り出すミュージックユニットが発売している「ケロポンズのいち・にのたいそう2」に収録されている筋肉モリモリという楽曲に合わせて行う体操です。



子ども向けのリズム体操ではありますが、実際にこの筋肉もりもり体操を行ってみると、おとなにとってもかなりハードな体操だと感じることが多くなります。幼稚園や保育園では子どもたちが先生と共に筋肉もりもり体操を楽しく踊っていますが、一緒に踊る先生たちの間では、かなり難しいと感じているケースも多く、実際に保護者が一緒になって踊ると息が切れるような激しい動きになっています。



楽しいリズムに合わせて踊ることで、普段使われていない筋肉を使うこともできますので、子どもと一緒に遊びながらトレーニングを行うことが出来る体操ということもできます。これを難なく踊りきる子どもたちの身体能力の高さにも驚くことになるのではないでしょうか?ぜひ一度、筋肉もりもり体操を試してみてはいかがでしょうか?

ストリエーションとは


ストリエーションというのはいったいどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?ストリエーションはそのまま直訳すると、筋という意味を持つ英単語になります。トレーニングの世界では、筋肉に力を入れた時に筋肉に刻まれて見える筋のことになります。



よくボディービルダーなどがポージングを行うと、たくましい筋肉と一緒にまるで血管が浮き出ているかのような筋が出来ているのを見ることが出来ますが、実はこの筋のことをストリエーションといいます。このストリエーションを出すためには、相当のトレーニングが必要になってきます。まず脂肪を減らし筋肉をつけることはもちろんですが、水分量を落としていくことも大切になります。


ストリエーションが出やすい部分としては、大胸筋や広背筋といった平らな部分が多い筋肉になります。さらに、筋膜や腱膜が薄い部分でなければ、このストリエーションはなかなか出てきません。また、筋肉が筋収縮状態になっていなければストリエーションを出すことが出来ませんので、ポージングも重要になってくるということになります。




Copyright (c) 2017 マジで痩せた女の子のダイエットランキング All rights reserved.

▲TOP