腕の筋肉を鍛えるための情報を紹介します。

腕の筋肉を鍛えてみますか?

マジで痩せた女の子のダイエットランキング


HOME



上腕三頭筋を鍛えるお勧めの器具は?


上腕三頭筋を鍛えるときにお勧めできる器具というのはどのようなものがあるのでしょうか?一つはダンベルとベンチがあります。ダンベルは筋力トレーニングを行う時には利便性が高いトレーニング器具になります。ベンチは目的の筋肉を効率よくトレーニングするときに利用すると利便性が高いためおすすめできる器具ということができます。



このダンベルとベンチを使い、ダンベルトライセプスエクステンションやダンベルトライセプスキックバックといったトレーニングを行うこともできます。ですが、上腕三頭筋を鍛える時には、特に専用の器具などを用いなくても、普段の生活で使っている椅子や机などを利用して行うことができるディップスやナロウスタンスプッシュアップといったトレーン具を行うことによっても効率よく鍛えていくことが可能になっています。

どちらのトレーニングも自重で行うことが出来るトレーニングとなっていますので、自宅などで気軽に行うことが出来る上腕三頭筋を鍛えるためのトレーニング方法になっていますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

上腕二頭筋の長頭と短頭とは


二の腕や力こぶの名前で知られている上腕二頭筋は、一つの筋肉ではなく、実は二つの筋肉の総称を指しています。腕の内側にある筋肉を短頭といい、腕の外側にある筋肉を長頭といいます。この短頭と長頭はそれぞれ異なる働きをする筋肉になっています。まず腕の内側にある上腕二頭筋短頭は、ひじ関節を屈曲させる働きと前腕を回外させる働きを持っています。



そして、上腕二頭筋長頭はひじ関節を屈曲させる働きがあり、さらに上腕筋と一緒に働き、腕力を支えています。腕力といわれている筋力は実は上腕二頭筋よりも上腕筋の方が強く関与していますので、この上腕筋と一緒に働く上腕二頭筋長頭の働きは非常に重要になってきます。

上腕二頭筋の短頭と長頭は、ともに肘を屈曲する働きを持つ筋肉ですが、この肘を屈曲するためには上腕筋とさらに烏口腕筋という筋肉もまた一緒に働くことになります。上腕二頭筋短頭の前腕の回外動作については、回外筋や腕橈骨筋なども一緒に働いています。上腕二頭筋だけではなく、周りの筋肉と一緒に働くことで肘を曲げたり前腕を回外させる働きをしているということになります。




Copyright (c) 2017 マジで痩せた女の子のダイエットランキング All rights reserved.

▲TOP